FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
test
スポンサーサイト
2011.11.30 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今週末の12/3(土)に『城下町まちあるき講座』が開催されます。

郷土の成り立ちを知るチャンスです!加藤清正が造った城下町を散策してみませんか。

歴史講座で城下町歴史を解説した後に、実際に地元案内人がガイドとなり、城下町散策に出発。湧々座の見学もあります。

【日時】
12月3日(土)午前9時受付開始

【集合場所】
桜の馬場城彩苑 多目的交流施設(総合観光案内所2階)

【参加費用】
1000円

【要事前申込】
往復はがきで参加希望日・連絡先を記入して城彩苑 湧々座まで申込。返信はがきを参加券として返信致します。
宛先は〒860‐0008熊本市二の丸1-14 城彩苑 湧々座「城下町まちあるき講座」係
※開催日まで時間がありませんので、下記の問い合わせ先に申込方法をお尋ねください。

【お問合せ】
詳しくは、歴史文化体験施設 湧々座(☎288-5600)へ。
2011.11.30 Wed l イベント l コメント (0) トラックバック (0) l top
気付けば3ヶ月も放置し、失礼しております。

これから、また日々コツコツと熊本の城下町“新町・古町”の情報を皆さまにお伝えできたらと思います。

それでは、早速ですが、私たち「城下町和samonもてなし隊」が主催するコンペをご案内させていただきます。

==以下、募集要項から抜粋==
現在、熊本市においては、城下町風情を感じられる町並みづくりを進めるため、熊本市役所も地域と一緒に「町並みづくりガイドライン(案)」を作成し、H24年度に、「町屋」や「モデル街区」に対する支援制度を創設するようです。

このような中、私たちは、「城下町風情の感じられる町並み」を実現し、賑わいを創出するための一歩として、自らの店舗や住宅において、自らの出資で何ができるのかを考えようとしています。

そこで、学生の皆さんに、6つの建築物(特に外観)の改修案のアイディアを募集させていただくこととしました。

アイディアを考える上では、景観形成が町の賑わいや活性化につながる、という大きな視点にたって、私たちの店舗等の改修案、そして概算事業費まで作っていただきたいと思います。

したがって、全体構想と具体的な改修の両方を提案していただきます。
活性化や賑わいのために多角的視点からデザインする上で、他分野の学生や実際の企業や技術者などに協力を仰ぐのもいいかもしれません。
それがどのような効果をもたらすのか具体的な提案をお待ちしています。
また 、“賑わい” とは何かということも含めて考えて頂きたいと思います。それは地域住民の満足度ともいえるかもしれないし、町の空間の雰囲気そのものかしれません。または観光客の数や経済効果と言い切ることもできるかもしれません。
安くて効果的ならそれも実現に向けて魅力的な案と言えるでしょう。

歴史や文化を踏まえながらも、それらにとらわれない自由な発想とデザインを期待します。
==ここまで==

12月12日(月)までがエントリーシートの受付期間となっています。

学生の皆さまからのご提案をお待ちしております。

詳細はこちら

また、コンペ情報を発信されているサイトでもご紹介いただいております。
この場を借りて御礼申し上げます。
KENCHKU
AKICHIATLAS
2011.11.30 Wed l イベント l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。